ごあいさつ

和田 豊

 本年も、千葉県松戸、我孫子両市の少年野球連盟および多くの方々のご協力をいただきまして、本大会を開催できる運びとなりました。関係各所のみなさまには心より御礼申し上げます。

 今年は新型コロナウイルスの蔓延が、全世界の人々の健康や生活だけでなく、社会、経済にも大きな影を落としています。また春夏の高校野球はもとより、みなさんが日頃の練習の成果を発揮する大会の多くが今年は中止なったとお聞きします。非常に残念な、また悔しい思いをした子供たちも多いかと思いますが、そういう経験も必ずしや今後の人生の何かしらの糧になると信じています。

 そういう中で、みなさまのご尽力もあり、第5回目となるこの大会を今年も開催できることには、大きな意義があると思います。もちろん感染防止に最大限の注意を払ったうえで、みなさんにはグラウンドで思い切り、元気にプレーしてもらいたいと思います。日頃の生活や練習などにも様々な制限や苦労がある中で、この大会を精一杯戦い抜き、少しでもいい思い出と、今後の活動の励みにしてもらえれば、私も大変うれしく感じます。私もみなさんのはつらつとしたプレーを楽しみにしています。こうして野球ができることに感謝の気持ちをもって、笑顔で頑張りましょう!


和田 豊