ごあいさつ

和田 豊

 おかげさまで本年度は、第7回となる本大会を開催できる運びとなりました。

 昨年は残念ながら新型コロナウイルスの影響で大会が中止になり、両市の選抜によるエキシビジョンマッチのみの実施となりました。今回、松戸、我孫子両市の少年野球連盟および関係各所、多くの方々のご尽力のもと、2年ぶりに無事に開催できることは大変うれしく、皆様には心より御礼申し上げます。

 選手のみなさんには、こうして野球ができることに対して感謝の心を忘れずに、また昨年は出場したくてもできなかった選手の分も、グラウンドで大いに暴れまわってほしいと思います。この大会を精一杯戦い抜いて改めて野球の楽しさを感じ、これからもずっと野球を続けていってもらえれば、私も大変うれしく思います。

 そして将来、みなさんの中から『高校球児』、ひいてはプロ野球の道に進む選手、阪神タイガースの選手が出てくることを、楽しみにしています。頑張りましょう!


和田 豊